勢いで自転車をこぐ姉妹と冷めた夕飯

人生において、「猟師」のポジションってなんなんだろう。関係ないって言える?「デザイナー」は、アナタにとってはどんな意味があるんだろう。
ホームボタン

無我夢中で話す彼と横殴りの雪

その上列は、ほとんどが日本人だという感じだったのでその光景に驚いた。
店の中の列は、ほとんどが日本人だという感じだったのでその不思議な光景にもびっくりした。
日本で評判なのが、韓国製の化粧品は肌にやさしい成分が豊富に使用されているとか。
もちろん、スキンケアにも感動はあったけれど店の人の言語能力にも凄いと思った。
この分野の会話だけなのかもしれないが、日本語が充分に通じる。
私たちは、ちょっとだけ韓国語を使うチャンスだと思い行った韓国だったが、必要ないくらいに。
会話の機会があれば、努力次第で外国語をマスターできるということを教えてくれた旅行だった。

気どりながら吠える家族と電子レンジ
出張業務に出ると、一週間くらい帰ってこれないこともある。
その時は、充実感はありだけれど、とても気を張っているので、ほとんど眠れない。
起きる予定時間の相当前には、眠いのに目が覚めてしまう。
寝不足だけれど、終了後の自由な感じは最高だ。
真剣に遊びまわるし、深く寝るし、しっかり食事をとる。

曇っている金曜の午後に熱燗を

2年前から、南九州に住むようになって台風をめっちゃ気にかけるようになった。
風が全然違うからだ。
九州北部に住んでいたことも関東に住んでいたこともあるけれども、しかし、台風の被害が全然違う。
サッカーのゴールポストが動いていくと話を聞いた時は、大げさだと思ったが、本当だった。
風速がすごい台風が通った後は、高いヤシや大木は道路に倒れ、海の横の道はゴミであふれ車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海沿いの家では、車両のフロントガラスが割れたり、民家のガラスが破損し、天井が飛んだりと本当かと思っていたようなことを目撃した。
直撃せずにかすっただけでも風は非常に強く、古い家に住んでいると家の揺れる音が非常に心配してしまう。

具合悪そうに熱弁する兄さんと観光地
ネットニュースを見るけど、新聞を見るのもけっこう好きだった。
今は、0円で見れるインターネットニュースが多くあるので、新聞はもったいなくて購入しなくなってしまった。
ただ、読み慣れていたから、新聞のほうが短い時間で多くの内容を手に入れることができていたけれど、ネットのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで調べやすい点はある。
一般的な情報から関わりのある深いところまで見つけていきやすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞は小さくてものせているから目に入るけれど、ネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカのデフォルトになるかもという話題が目につく。
デフォルトになるわけないと普通思うけれど、仮にデフォルトになったら、日本も必ず影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

気分良く話す姉ちゃんと季節はずれの雪

今更ながら、ニンテンドーDSに依存している。
はじめは、英検対策に英語漬けや英語のゲームソフトを購入していただけであった。
だけど、ベスト電器でゲームソフトを見ていたら、英語関係以外もついつい見てしまい、気に入るとすぐに欲しくなってしまう。
ピクロスDSやクロスワード、桃太郎電鉄などなど。
変わったソフトで、トラベルシリーズも発売されている。
DSは、待ち合わせなどの、暇な時間にも有効活用できそうだ。

そよ風の吹く休日の昼にお酒を
好みの歌手はいっぱい居るけど、20代になってから日本以外の曲ばかり選んでいた。
一方、邦楽のアーティストの中から、好きなのがcharaだ。
charaはたくさんの曲を出している。
代表的なのは、HEAVEN、ミルク、罪深く愛してよとか。
私たちの国、日本色々なアーティストが知られているがチャラはCHARAは素晴らしい個性がピカピカと輝いている。
国内には、海外でも曲を出す歌手も数多くいるが、彼女も人気が出るような気がする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」「あたしを無人島に持って行って」
こんなタイトルが浮かぶことに尊敬だ。
ほとんど作詞と作曲も行っていて個人的には、クリエイティブでカリスマっぽい魅力がある存在だ。
ジュディーアンドマリーのyukiとコラボレーションして作った「愛の火、3つ、オレンジ」も、最高。
似合っていたから。
誰だって一度、思う、思われたい感覚の事を、工夫して一言で表現している。
キャッチフレーズコンテストなんかに参加してほしい。

気持ち良さそうに吠える友人と横殴りの雪

服屋さんってなりたくないと考えるのは私だけだろうか。
毎日、徹底的にコーディネイトしないと店のイメージにつながる。
私なんて、外で働くときはスーツを着るといいし、化粧もしてればそれでよし。
遊びに行くときは、自分で納得する服装を選べばいいし、在宅で仕事するときはTシャツにジーンズで問題ない。
だから、おそらく、ファッションにかかわる商売には、向いていない。
服を選んでいると、店員さんがやってきて、流行や合わせ方を教えてくれる。
私はどうしてもそれに怖くなり、その場から逃げ出してしまう。
これも、店員さんって難しそうと思う事の大きな理由の一つだ。

笑顔で走る兄さんとファミレス
少年はとってもひもじかった。
あと数日で夏休みという頃、小学校から元気よく帰宅しているときだった。
蝉が騒々しく鳴いている。
陽の光は強く、夕方でもまだ太陽は沈む気配はなかった。
少年は汗を流しながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するのがほとんどだけど、今日はものすごく腹ペコだったから、早く帰ってとにかく何か食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨晩のカレーは、たしか鍋に少し残っていた気がする。
ご飯だっておそらく、余りが冷蔵庫に入ってたはず。
少年はカレーを食べる自分を思い浮かべて、足早に家を目指した。
すると、汗がさらに出てきた。

雲の無い休日の夜明けは友人と

北方謙三版の水滸伝の人間くさく男気熱い登場キャラクターが、原作の水滸伝の108人になぞらえて、目立った作中人物が108人でてくるが、敵方、権力側の作中人物も人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
登場キャラクターに人間くさい弱さがうかんでくるのもそして、心酔していたわけだ。
弱いなりに自分の目標とか将来の為に能う限り 苦行をしいられているのが読み進めていて熱中する。
読みふけっていて楽しい。
しかし、ひきつけられる登場人物が悲しい目にあったり、夢がなくなっていくストーリーも胸にひびくものがあるから夢中になる小説だ。

天気の良い休日の夕暮れに食事を
オフィスで着るパンツスーツを選びに向かった。
コムサでモード等フォーマルなところもいいな〜と悩んだけれど109もありだと思う。
気が強そうではつらつとした女性向けのショッピングビルで体にフィットするファッションが多い。
値段は店舗によっての差が出るが、なんとなくリーズナブル。
中で、購入する物を探していたが、細身の物ばかり置かれていた。
着用後、少しは都会的に見えるような気がする。
良いスーツ選びができて、ちょっと満足感があった。

Copyright (C) 2015 発明家は一人遊びが苦手 All Rights Reserved.